広告

いらない?ベビーセンサーがあって助かったよ。乳幼児突然死症候群が心配な人におすすめ

いらない?ベビーセンサーがあって助かったよ。乳幼児突然死症候群が心配な人におすすめ

入院中に病院でベビーセンサーを使っていたけど、自宅ではベビーセンサーはいらない?買った方がいいかよくわからないですよね。

子どもが夜中にちゃんと寝ているか不安な人は買って安心したほうがいいかもしれません。

私はベビーセンサーを買って助かったと思ったことがあります。

本記事ではベビーセンサーの購入に悩んでいる人に、ベビーセンサーがいる人、いらない人についてまとめました。

ぜひ、参考にしてください。

\レビュー特典!/ 【センサーパネル2枚付】正規品 1年保証 乳児用体動センサー ベビーセンスホーム  ベビーモニター ベビーセンサー うつぶせ寝 SIDS 一般医療機器 乳児 新生児 アラーム 産院 出産 病院 見守り 夜 ねんね 簡単設置 電池式 リンク先:楽天

ベビーセンサーがあって助かった

ベビーセンサーがあって助かった

それはある晩のことです。私は娘を寝かしつけたあと、夜中にベビーセンサーのアラームが鳴り、様子を見に行くと娘は青白くなっており、呼吸が止まっていました。私はすぐに救急車を呼び、医師からは乳幼児突然死症候群(SIDS)の疑いがあると言われました。

もしベビーセンサーがなければ、私は娘の異常に気づけなかったかもしれません。ベビーセンサーがあって助かったと心から思いました。

私はベビーセンサーに感謝しています。ベビーセンサーは乳幼児突然死症候群(SIDS)の発見に役立つと期待されるアイテムです。しかし、ベビーセンサーだけではなく、うつぶせ寝をさせない、母乳育児をする、家族の禁煙をするなどの予防法も実践することが望ましいです。赤ちゃんの命は何よりも大切です。私はこれからも娘を大切に育てていきたいと思います。

ベビーセンサーをおすすめする人はこんな人

ベビーセンサーをおすすめする人はこんな人

赤ちゃんの命を守るために、ベビーセンサーを使ってみませんか?ベビーセンサーとは、赤ちゃんの体動や呼吸を感知して、異常があればアラームで知らせてくれる便利なアイテムです。ベビーセンサーは乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防に役立つと期待されるアイテムです。SIDSとは、それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく、眠っている間に突然死亡してしまう病気です。日本では年間100名前後の子どもがSIDSで亡くなっており、乳児死亡原因の第4位です。

ベビーセンサーはどんな人におすすめでしょうか?以下のような人に特におすすめです。

  • 赤ちゃんがSIDSにならないかと心配で眠れない人
  • 赤ちゃんの呼吸を確認するために何度も起きる人
  • 赤ちゃんと同じ部屋で寝ることができない人
  • 赤ちゃんの寝室と保護者のいる場所が離れている人
  • 赤ちゃんの睡眠状態をモニタリングしたい人

ベビーセンサーは赤ちゃんの体動や呼吸を感知して、異常があればアラームで知らせてくれます。これにより、保護者は安心して眠ることができますし、赤ちゃんも快適に眠れます。また、ベビーセンサーには「接触型」と「非接触型」の2種類があります。接触型は赤ちゃんのオムツや衣服に装着するタイプで、ベッドや布団以外でも使えますが、装着の手間や誤作動の可能性があります。非接触型はベッドのマットレスの下に敷くタイプで、赤ちゃんに直接触れないので快適ですが、ベッド以外では使えません。自分の赤ちゃんに合ったものを選ぶことが大切です。

ベビーセンサーがいらない人はこんな人

ベビーセンサーがいらない人はこんな人

ベビーセンサーについて説明してきましたが、逆にベビーセンサーがいらない人はどんな人でしょうか?以下のような人はベビーセンサーを使わなくても大丈夫かもしれません。

  • 赤ちゃんがSIDSになるリスクが低いと判断される人
  • 赤ちゃんの呼吸を自然に感じ取れる人
  • 赤ちゃんと同じ部屋で寝ることができる人

これらの人はベビーセンサーを使わなくても大丈夫かもしれません。それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんがSIDSになるリスクが低いと判断される人

SIDSは原因不明の突然死ですが、一定のリスク要因があることが分かっています。例えば、以下のような要因です。

  • 生後2か月から6か月の子ども
  • 男児
  • 冬期
  • うつぶせ寝
  • 母乳育児以外
  • 家族の喫煙

これらの要因に当てはまらない赤ちゃんは、SIDSになるリスクが低いと判断されるため、ベビーセンサーはいらないかもしれません。

赤ちゃんの呼吸を自然に感じ取れる人

ベビーセンサーは赤ちゃんの体動や呼吸を感知して、異常があればアラームで知らせてくれます。しかし、アラームが鳴るということは、すでに赤ちゃんに何らかの異常が起こっているということです。そのため、ベビーセンサーは予防ではなく、早期発見のためのものです。早期発見はもちろん重要ですが、それよりも予防することが大切です。

予防するためには、赤ちゃんの呼吸を自然に感じ取れることが必要です。赤ちゃんの呼吸を感じ取るには、以下のような方法があります。

  • 赤ちゃんとスキンシップをとる
  • 赤ちゃんの背中やお腹に手を当てる
  • 赤ちゃんの鼻や口から出る息を感じる
  • 赤ちゃんの胸や腹部の上下動を観察する

これらの方法で赤ちゃんの呼吸を感じ取れる人は、ベビーセンサーはいらないかもしれません。赤ちゃんの呼吸を感じ取ることは、赤ちゃんとの絆を深めることにもなります。

赤ちゃんと同じ部屋で寝ることができる人

赤ちゃんと同じ部屋で寝ることが望ましいです。赤ちゃんと同じ部屋で寝ることは、SIDSの予防にもなります。赤ちゃんと同じ部屋で寝ることで、親は赤ちゃんの様子を常に把握できますし、赤ちゃんも保護者の存在を感じて安心できます。赤ちゃんと同じ部屋で寝ることができる人は、ベビーセンサーがいらないかもしれません。

オススメのベビーセンサー

オススメのベビーセンサー

ベビーセンサーは赤ちゃんの体動や呼吸を感知して、異常があればアラームで知らせてくれる便利なアイテムです。ベビーセンサーには「接触型」と「非接触型」の2種類があります。接触型は赤ちゃんのオムツや衣服に装着するタイプで、ベッドや布団以外でも使えますが、装着の手間や誤作動の可能性があります。非接触型はベッドのマットレスの下に敷くタイプで、赤ちゃんに直接触れないので快適ですが、ベッド以外では使えません。

おすすめのベビーセンサーをいくつかご紹介します。

  • ベビーセンスホーム:非接触型のベビーセンサーで、2枚のセンサーパッドをマットレスの下に敷きます。赤ちゃんの体動が20秒間停止したり、1分間に10回未満になったりした場合にアラームが鳴ります。赤ちゃんの寝室と保護者のいる場所が離れていても、専用の親機でモニタリングできます。また、見守りカメラと連動させることもできます。
  • スヌーザヒーロー:接触型のベビーセンサーで、赤ちゃんのオムツにクリップで固定します。赤ちゃんの体動が15秒間停止した場合に振動刺激を与え、それでも反応がなければアラームが鳴ります。本体端末からアラームが発せられるため、赤ちゃんと同じ部屋で寝る必要があります。

ベビーセンサー以外にもSIDSの予防法はある

ベビーセンサー以外にもSIDSの予防法はある

ベビーセンサーはSIDSの予防に役立つと期待されるアイテムですが、それだけでは十分ではありません。ベビーセンサー以外にもSIDSの予防法はあるのです。それは以下の3つのポイントを守ることです。

  • うつぶせ寝をさせない
  • 母乳育児をする
  • 家族の禁煙をする

これらの3つのポイントを守ることで、SIDSの発症率が低くなるというデータがあります 。それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

うつぶせ寝をさせない

赤ちゃんがうつぶせ寝をすると、呼吸がしにくくなったり、二酸化炭素を吸い込んだりする可能性があります。これはSIDSのリスクを高めます。そのため、赤ちゃんは仰向け寝や横向き寝をさせることが望ましいです。ただし、横向き寝はうつぶせ寝に転がってしまう可能性があるので、注意が必要。また、赤ちゃんが寝ている時は、枕や毛布などで顔や口が覆われないように気を付けてください。

母乳育児をする

母乳育児は赤ちゃんの健康にとって多くのメリットがあります。母乳には赤ちゃんの免疫力を高める成分が含まれており、感染症やアレルギーなどの予防に役立ちます。また、母乳育児は赤ちゃんと母親のスキンシップにもなります。スキンシップは赤ちゃんの心理的安定や発達にも良い影響を与えます。母乳育児はSIDSのリスクを半分以下に減らすことができるという研究結果もあります。

家族の禁煙をする

タバコの煙は赤ちゃんにとって非常に有害です。タバコの煙には発がん性や刺激性の物質が含まれており、赤ちゃんの呼吸器や中枢神経系に悪影響を及ぼします。タバコの煙にさらされた赤ちゃんは、喘息や中耳炎などの呼吸器疾患にかかりやすくなったり、体重が低下したり、学習能力が低下したりする可能性があります。また、タバコの煙にさらされた赤ちゃんはSIDSのリスクが2倍から4倍に高まるというデータもあります。そのため、赤ちゃんの健康を守るためには、家族の禁煙が必要です。特に妊娠中や授乳中の母親はタバコを吸わないようにしてください。

まとめ

ベビーセンサーいらない?助かったのまとめ

あの時ベビーセンサーがあれば・・・・

と思わないためにもベビーセンサーの購入をおすすめします。

ベビーセンサーがあって助かったと思える人が増えることを期待して記事を書かせてもらいました。

赤ちゃんの命は何よりも大切です。ベビーセンサーと予防法を併用して、赤ちゃんの安全と健康を守りましょう。

ベビープラネッツ(楽天)

-生活お役立ち