当ページのリンクには広告が含まれております。

看護師楽な仕事場の見つけ方と転職成功のコツと注意点まとめ

看護師楽な仕事場の見つけ方と転職成功のコツと注意点まとめ

毎日忙しすぎて、心身ともに疲れ果ててる。

看護師って楽な職場あるのかな。

人間関係が良くて、シフトも自分の希望に沿ってくれるような、働きやすい環境ってどこにあるんだろう。

でも、そういう理想の職場を探すのって、一筋縄ではいかないですよね。

そこで、今回は看護師にとって楽だと思える職場の見つけ方と転職成功のコツについて紹介します!

ポイント

  • 看護師が楽に働ける3つの条件
  • 職場選びで見落としがちな注意点
  • ストレスの少ない職場に転職する秘訣

看護師にとって楽な職場環境の3つの条件

看護師にとって、働きやすい職場環境を見つけることは何より大切。

でも、「楽な職場」ってどんな条件なのでしょうか?

ここでは、看護師が楽に働くために欠かせない3つの条件をご紹介します。

職場選びの際の参考にしてみてくださいね。

それでは、順番に詳しく見ていきましょう。

人間関係が良好

看護師にとって、職場の人間関係の良し悪しは、働きやすさを大きく左右します。

上司や先輩、同僚との人間関係が円滑だと、心理的なストレスが激減

チームワークも上がるので、仕事のパフォーマンスもグンとアップします。

人間関係が良好な職場の特徴は、以下のような点が挙げられます。

  • スタッフ同士がフレンドリーで協力的
  • 上司が部下の意見を尊重してくれる
  • 先輩が丁寧に指導してくれる

例えば、ミスをしてしまった時に、上司が一緒に改善策を考えてくれる職場。

そんな風通しの良い環境なら、看護師も安心して働けるはずです。

また、先輩看護師が新人の悩みに親身になって相談に乗ってくれるのも魅力的。

「困った時には助けてもらえる」という安心感は、何にも代えがたいですよね。

人間関係の良さは、看護師の心のゆとりにも直結します。

働く人の"笑顔"が多い職場を選ぶのが賢明だと言えるでしょう。

勤務体制が整っている

看護師が働きやすい職場環境の条件として、もう一つ重要なのが勤務体制の整備状況です。

シフトが組みやすかったり、休暇が取りやすかったりする職場は、看護師にとって魅力的

ワークライフバランスを保ちやすいので、プライベートも充実させられるでしょう。

勤務体制が整っている職場の特徴は、以下のような点が挙げられます。

  • 希望休が取りやすい
  • 夜勤の回数が少ない
  • 残業がほとんどない

例えば、子育て中の看護師なら、急な子供の病気でも休みを取りやすい職場が理想的。

「この日は休みたい」という希望が通りやすいのは、何よりも嬉しいポイントですよね。

また、夜勤の少なさも見逃せません。

必要以上の夜勤は、心身の負担が大きいもの。

体調管理のためにも、夜勤の回数が適切な職場を選ぶことが大切です。

勤務体制のバランスが取れている職場なら、看護師も無理なく働き続けられるはず。

シフトや休暇の使いやすさは、職場選びの重要なポイントと言えるでしょう。

教育体制が充実している

3つ目の条件は、職場の教育体制の充実度。

看護師にとって、学びやすい環境は働きやすさにも直結します。

手厚い教育サポートがあれば、看護師は安心して成長できるでしょう。

スキルアップのための支援が充実している職場は、非常に魅力的と言えます。

教育体制が充実している職場の特徴は、以下のような点が挙げられます。

  • 新人教育プログラムがしっかりしている
  • 院内・院外研修の機会が多い
  • 資格取得のバックアップ体制がある

例えば、プリセプター制度などの新人教育に力を入れている職場。

先輩看護師がマンツーマンで指導してくれるので、看護の基礎をじっくり学べます。

また、研修の多さも看護師の成長に欠かせません。

最新の医療知識・技術をアップデートできる機会が豊富だと、仕事のやりがいにも繋がるはずです。

学びの機会に恵まれた職場で働けば、看護師としてのキャリア形成もしやすい

教育体制の手厚さは、職場の魅力を測る上で見逃せないポイントですね。

看護師が働きやすい職場5選【ジャンル別】

看護師にとって、働きやすい職場環境はどこにあるのでしょうか?

ここでは、看護師が比較的楽に働けるとされる職場を、5つのジャンル別にご紹介します。

自分に合った働き方ができる場所を探してみてくださいね。

それでは、順番に詳しく見ていきましょう。

クリニック・診療所

クリニックや診療所は、看護師にとって比較的働きやすい職場環境が整っています。

クリニック・診療所で働く看護師のメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • 外来中心で働きやすい
  • 夜勤・オンコールがほぼない
  • ゆっくり患者さんと関われる

何より、外来が中心なので、勤務時間が比較的規則正しいのが魅力。

急変対応も少ないため、身体的・精神的な負担が少なめなのが嬉しいポイントです。

また、入院患者さんに比べてコミュニケーションの時間が取りやすいのも特徴。

ゆったりと患者さんに寄り添える環境は、「患者さんとの関わりにやりがいを感じたい」という看護師に向いているかもしれません。

健診センター

健診センターも、看護師にとって働きやすい職場の一つ。ゆとりを持って働きたい看護師に人気の職場です。

健診センターで働く看護師のメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • 日勤のみで働ける
  • 土日祝がお休みのことが多い
  • 患者さんの健康管理に関われる

健診センターなら、ほぼ日勤のみの勤務。

夜勤がないので、生活リズムが崩れる心配もありません

プライベートの時間もしっかり確保できるでしょう。

さらに、健診業務がメインなので、重症患者さんの対応はほとんどなし。

体力的にも精神的にも、他の職場に比べて負担が少ないと言えます。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションも、看護師におすすめの働きやすい職場です。

在宅医療の現場で、じっくりと患者さんに寄り添えるのが魅力。

訪問看護ステーションで働く看護師のメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • マイペースに訪問できる
  • 1人の患者さんと長く関われる
  • 夜勤・オンコールが少ない

訪問看護の業務は、基本的に日中の訪問で完結。

自分のペースで仕事ができるため、比較的ストレスが少なめです。

重症患者さんの対応も、病棟勤務ほど多くはありません。

また、担当の利用者さんとは長い付き合いになることも。

ゆっくり患者さんと向き合える環境は、「コミュニケーションを大切にしたい」という看護師に最適かもしれませんね。

企業の健康管理室

企業の健康管理室も、看護師に人気の職場環境の一つ。比較的ゆったりと働けるのが魅力です。

企業の健康管理室で働く看護師のメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • 定時で仕事が終わることが多い
  • 土日祝がお休みのことが多い
  • 社員の健康管理に関わることができる

企業なので、勤務時間は日中がメイン。

残業も少なく、定時で帰れることがほとんどです。

ワークライフバランスを保ちやすく、オンオフの切り替えがしやすいのが嬉しいポイント。

また、健康診断や保健指導など、予防医療の視点で社員の健康をサポートできるのも魅力の一つ。

病気の治療だけでなく、未病の段階からケアできるのは、看護師冥利に尽きるのではないでしょうか。

介護施設

最後は介護施設での勤務。

ゆっくり利用者さんと関わりたい看護師に向いている職場環境です。

介護施設で働く看護師のメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • 利用者さんと長い時間を共有できる
  • 急変の対応が少ない
  • 夜勤・オンコールが少ない施設もある

介護施設では、長期入所の利用者さんがメイン。

利用者さんとの信頼関係を築きやすいのが、病院との大きな違いと言えるでしょう。

コミュニケーションを通して利用者さんに寄り添える環境は、看護師冥利に尽きる面も。

また、施設によっては夜勤やオンコールもほぼなし。

プライベートの時間を大切にしたい看護師にもおすすめできる職場と言えそうです。

看護師の職場選びで見落としがちな3つのポイント

看護師が働きやすい職場を選ぶ際、見落としがちなポイントがあります。

ここでは、意外と見過ごしやすい3つの視点をご紹介しましょう。

職場選びの際は、以下の点にも注目してみてくださいね。

それでは、詳しく見ていきましょう。

残業の多さ

看護師が職場を選ぶ際、意外と見落としがちなのが残業の多さ。

サービス残業が常態化している職場も少なくないのが実情です。

応募前に、職場の残業事情を確認しておくことが大切。

面接時などに、以下のような質問をしてみるのがおすすめです。

  • 平均的な残業時間は?
  • サービス残業はある?
  • 超過勤務手当はきちんと支給される?

もし、「残業はほとんどない」という回答なら、働きやすい職場の可能性が高いです。

一方、「そこそこ残業がある」という職場なら、ワークライフバランスを崩すリスクも。

また、超過勤務手当の扱いも要チェック。

残業代がきちんと支給される職場かどうかは、働く上で見逃せないポイントです。

残業の実態をリサーチして、労働環境の良し悪しを見極めることが賢明。

思わぬ「ブラック職場」を避けるためにも、事前の確認を怠らないようにしましょう。

休暇の取りやすさ

看護師にとって、休暇の取りやすさも重要な視点の一つ。

でも、意外とこの点を軽視しがちなのです。

職場選びの際は、以下のような質問で休暇事情を確認してみましょう。

  • 有給休暇は取得しやすい?
  • 産休・育休の実績は?
  • 夏期休暇・年末年始休暇はある?

有給休暇の取得率が高い職場なら、休みを取りやすい環境と言えるでしょう。

一方、「休むと同僚に迷惑がかかる」といった雰囲気なら、ワークライフバランスが崩れる恐れも。

また、産休・育休の実績も見逃せません。

ライフイベントに合わせた休暇が取りやすいかどうかは、長く働き続けるために欠かせないポイント

特に女性の看護師なら、出産後の働き方を見据えて職場選びをしたいものです。

休暇制度の充実度をチェックして、「休める職場」を選ぶことが大切

プライベートの時間を大切にできる環境かどうか、しっかり見極めましょう。

キャリアアップの可能性

最後に、看護師のキャリアアップの可能性も見逃せないポイントです。

「この職場で、自分はどこまで成長できるか」という視点を持つことが大切。

キャリアアップの可能性を探るためには、以下のような質問が参考になります。

  • 認定看護師や専門看護師への支援制度は?
  • 研修や学会参加の機会はある?
  • キャリアアップのロールモデルは?

例えば、認定看護師の資格取得を全面的にバックアップしてくれる職場なら、スキルアップしながら働ける環境と言えます。

病院負担で研修に行かせてくれるのも、キャリア形成の後押しになるはず。

また、先輩看護師の活躍ぶりも重要。

「自分もこうなりたい」と思えるようなロールモデルが身近にいるのは、何よりの刺激になります。

成長し続けられる職場環境かどうかを見極めることが、長いキャリアを築くカギになるでしょう。

「この職場でどう成長できるか」をしっかり考えて、職場選びをしたいものです。

ストレスフリーな職場への転職成功法3選

働きやすい職場を見つけるためには、どんな転職活動が効果的なのでしょうか。

ここでは、ストレスフリーな職場に転職するための3つのコツをご紹介します。

自分に合った職場を見極めるための秘訣を、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、具体的な方法を見ていきましょう。

職場の雰囲気を見極める

転職先の職場の雰囲気を見極めることは、とても大切。

職場見学や面接の際に、職場の空気感をしっかりチェックしましょう。

職場の雰囲気を知るためのポイントは、以下の通り。

  • スタッフ同士のコミュニケーションはとれてる?
  • 全体的に明るい雰囲気?
  • 忙しそうに動き回っているスタッフはいない?

スタッフ同士が笑顔で会話している職場なら、人間関係は良好そう。

一方、全体的に暗い雰囲気だったり、休憩中でもみんなバラバラだったりすると、コミュニケーション不足が心配です。

また、休憩時間中でもせわしなく動き回るスタッフが多いようなら、「休める職場」とは言えないかも。

忙しさのピークは避けられませんが、休憩中は少しホッとできるのが理想的ですからね。

職場の空気感を肌で感じ取ることが、ミスマッチを防ぐ一番の方法

転職先の職場をできるだけ見学して、自分に合う職場を見極めることが肝心です。

上司や先輩の人柄を知る

職場選びで見逃せないのが、上司や先輩スタッフの人柄。

あなたの働きやすさを左右する重要な要素と言えるでしょう。

面接の際は、上司や先輩スタッフの雰囲気をよく観察してみましょう。

以下のようなことを意識してみると良いですよ。

  • 面接官の話し方や態度は柔らかい?
  • あなたの話を最後までしっかり聞いてくれる?
  • スタッフ教育に積極的?

面接官の方が、優しく丁寧な口調で対応してくれるなら、人柄の良さが伝わってきます。

あなたの話を最後まで聞いてくれる姿勢も、コミュニケーションの取りやすさを感じさせるポイント。

また、新人教育やスタッフのフォロー体制について積極的に語ってくれるのは嬉しい限り。

「スタッフを大切にする職場かどうか」は、面接でもある程度見極められるはずです。

「この上司や先輩となら一緒に働ける」と感じられる職場を選ぶことが成功のカギ

面接での手応えを大切にして、転職先を決めるようにしましょう。

自分の希望を明確に伝える

転職活動で何より大切なのは、自分の希望を明確に伝えること。

「どんな職場で働きたいのか」を言語化して、面接でアピールしましょう。

面接では、以下のようなことを積極的に伝えると良いでしょう。

  • 働きやすい環境で看護に専念したい
  • ワークライフバランスを大切にしたい
  • スキルアップのために学びたい

「なぜこの職場で働きたいと思ったのか」「どんなキャリアを目指しているのか」など、自分の思いを飾らずに伝えることが大切。

採用側も、あなたの熱意や適性を見極めやすくなるはずです。

希望を伝える際は、できるだけ具体的に。

「ゆとりを持って働きたい」なら、残業時間の希望なども添えると良いでしょう。

「家庭と両立させたい」なら、子育て中であることを正直に話すのも効果的です。

「この人なら我が職場に合っている」と採用担当者に思ってもらえるよう、希望のマッチング具合を印象付けることが欠かせません。

自分の理想とするはたらき方を、具体的にイメージして面接に臨みたいものです。

まとめ

看護師の皆さん、働きやすい職場選びのポイントは押さえられたでしょうか。

最後に、大切なポイントを振り返っておきましょう。

  • 人間関係、勤務体制、教育体制の良さがカギ
  • 自分に合った働き方ができる職場を見つける
  • 残業や休暇、キャリアアップの可能性もチェック
  • 職場見学や面接で雰囲気をつかむ
  • 自分の希望は具体的に伝える

看護師はハードワークと言われますが、働きやすい環境を見つければ、充実したキャリアを送れるはず。

「この職場で働きたい」とワクワクできる職場との出会いを信じて、転職活動に臨んでくださいね。

あなたが理想とする職場が見つかることを、心から応援しています。

たとえ何度転職しても、必ずあなたを必要としている職場はあるのです。

諦めずに前を向いて、一歩ずつ進んでいきましょう。

看護師として、自分らしく輝ける職場に巡り会えますように。

あなたのキャリアに幸多からんことを願っています!

-【転職】看護師

お問合せはこちら