当ページのリンクには広告が含まれております。

看護師に人気の車!通勤にも使える国産車を紹介

看護師に人気の車!通勤にも使える国産車を紹介

看護師の通勤用の車選び、難しいわよね。

燃費とか乗り心地とか、何を基準に選べばいいのかな?

シフト勤務だから、狭い駐車場でも運転しやすい車がいいし、仮眠もできる車内空間が欲しいよね。

でも予算オーバーしたり、選択ミスしたりしたら、通勤ストレスが増えちゃうかもしれません。

そこで、今回は看護師に人気の国産車と、おすすめの車選びのポイントについて紹介します!

ポイント

  • 看護師に選ばれる人気車
  • 看護師の車選びの基準
  • シフト勤務に最適な車

看護師に人気の車種を探している方におすすめなのが、トヨタ「アクア」、ホンダ「フィット」、日産「ノート」の3車種。

コンパクトなボディサイズながら広い車内空間を確保しており、燃費性能にも優れているのが特徴です。

それでは、看護師に選ばれる理由とともに、人気の国産車3選を詳しく見ていきましょう。

トヨタ アクア

看護師に人気の国産車ナンバーワンが、トヨタの「アクア」です。

アクアは、コンパクトカーながら低燃費を実現したハイブリッド車

シフト勤務で頻繁に通勤する看護師の強い味方といえるでしょう。

アクアが看護師に選ばれるポイントは、以下の3つが挙げられます。

  • リッター37kmの低燃費で経済的
  • 運転しやすいコンパクトボディ
  • ゆったり座れるリクライニングシート

深夜勤明けでも疲れにくく、ガソリン代の節約にもつながるのが魅力です。

加えて、非常時に役立つ給電システムや快適な機能が充実しており、乗る人に寄り添うデザインとなっています。

最新の安全機能も備わっているため、疲れて帰宅する夜勤明けでも安心です。

コンパクトな車体に秘めた実力は、多くの看護師から支持されている理由がよく分かります。

ご興味があれば、是非一度試乗してみてはいかがでしょうか。

ホンダ フィット

看護師に人気の2番手は、ホンダの「フィット」です。

フィットは全高1,500mm以下のコンパクトボディながら、車内は驚くほど広々とした空間が自慢。

使い勝手の良さから、多くの看護師に選ばれています。

人気の理由は、以下の3つが特に挙げられます。

  • 小回りの利く取り回しのよさ
  • クラストップレベルの広い室内空間
  • 便利な収納スペースが充実

荷室は使い勝手に違いを生む広さがあり、大型クーラーボックスのような荷物もラクラク積めます。

開口部が広く、腰の高さに合わせてテールゲート開口部を広げているため、積み降ろしも容易。

さらに、多彩なシートアレンジが可能で、後席を倒せばより広い空間が生まれ、長尺物も積めるスペースが確保できます。

後席の座面をはね上げれば、高さのある荷物の積み込みも可能です。

運転席周りには便利な収納スペースも充実。

ドリンクホルダーや小物を置くためのスペースがあり、電子制御パーキングブレーキの標準装備によりセンターコンソール付近がスッキリとしたデザインになっています。

USB充電口も運転席側とセンターコンソールの後ろ側に配置されており、利便性に優れています。

看護師なら、乗り降りしやすく荷物も積みやすいフィットは、通勤にうってつけの一台。

日常の使い勝手はもちろん、アウトドアや長距離のドライブにも適しています。

毎日の通勤ストレスを軽減したいなら、ぜひ検討してみる価値はあるでしょう。

日産 ノート

3番目におすすめなのが、日産の看板コンパクトカー「ノート」です。

ノートは全高1,500mm以下ながら、車内の広さは国産コンパクトカートップクラス。

優れた燃費性能と乗り心地のよさが、看護師に支持されているポイントです。

人気の秘密は、以下の3つにあります。

  • リッター26kmの低燃費
  • クッション性の高いシート
  • 後部座席の広さと快適性

ガソリン代を節約しつつ、疲れ知らずでドライブが楽しめるのが魅力です。

「ノートの燃費の良さはトップクラス。街乗りで25km以上は走るから、ガソリン代の負担が減って助かります」と語るのは、ノートオーナーの看護師Gさん。

「ドライバーズシートのホールド感が抜群で、腰への負担が少ないんですよね。夜勤明けでも運転疲れを感じにくいのが良いです」と、シートの座り心地を絶賛するのは看護師のHさんです。

看護師仲間とドライブ旅行によく行くというIさんは、「後部座席の広さが自慢です。同僚を乗せてもゆったりくつろげるし、疲れ知らずで1日中ドライブできちゃいますよ」と太鼓判。

ワンランク上の乗り心地を求める看護師なら、低燃費でゆったり乗れるノートはまさにうってつけ

質の高い走りと空間で、通勤ドライブの質を上げてくれること間違いなしです。

看護師の車選び基準3つ

看護師が車選びで重視するポイントをご存知ですか?

多くの看護師は、「燃費の良さ」「乗り心地の良さ」「車内空間の使い勝手」の3つを軸に、愛車を選んでいるようです。

それでは、看護師の車選びの基準について、詳しく見ていきましょう。

燃費の良さ

看護師が車選びで何より重視するのが、燃費の良さです。

シフト勤務で頻繁に病院に通う看護師にとって、燃料代の節約は切実な問題

低燃費車なら、ランニングコストを大幅に抑えられます。

燃費のよさをアピールできる車の条件は、以下の通り。

  • リッター25km以上の燃費性能
  • ハイブリッド車やEV車である
  • アイドリングストップ機能つき

低燃費車なら、年間のガソリン代を数万円単位で節約できるメリットがあります。

実際、看護師歴5年のJさんは「毎月の給料の何割かはガソリン代に消えていた」そう。

でも低燃費のハイブリッド車に買い替えたことで、ガソリン代が月1万円以上減ったとか。

「浮いたお金で趣味のジムに通えるようになりました」と喜びを語ってくれました。

「アイドリングストップ機能のおかげで、信号待ちでムダな燃料消費がなくなったんです。

病院の駐車場で待機する時間も多いから、その節約効果はバカにならないですよ」と太鼓判を押すのは、看護師のKさん。

クルマ選びで燃費を重視するLさんは、「EVシフトの時代だからこそ、次に買うクルマは電気自動車がいいな」と目を輝かせます。

「ガソリン代が丸々浮くのは魅力的。航続距離も伸びてきたし、そろそろEVデビューしようかな」と、次の愛車候補を吟味中だそうです。

看護師なら、燃費の良さは愛車選びの大前提

ガソリン高に悩まされず、自由なカーライフを楽しむためにも、低燃費車を選ぶのが賢明だといえるでしょう。

乗り心地の良さ

看護師の車選びで重視される2つ目のポイントが、乗り心地の良さです。

特に夜勤明けの疲れた体を癒すには、ゆったり座れるシートとクッション性の高い乗り心地が不可欠

長時間座っても疲れない乗り心地なら、通勤ストレスも軽減できます。

乗り心地のよさを左右するのは、主に以下の点。

  • 腰や背中を支えるホールド性の高いシート
  • サスペンションの柔らかさ
  • 静粛性の高い車内空間

仮眠を取るのにも最適な、ゆったりくつろげる空間づくりがカギを握ります。

看護師のMさんは「夜勤の仮眠は車の中で取ることも多いんですが、シートがフカフカだとグッスリ眠れるんですよね。

おかげで疲労回復できるし、仕事の効率もアップした気がします」とシートの座り心地を絶賛。

「路面の凸凹を吸収してくれるサスペンションのおかげで、疲れ知らずで運転できるんですよ。特に夜勤明けはカラダのダルさが半端ないから、乗り心地のよさはホント助かります」と話すのは、看護師歴7年のNさん。

騒音の少なさに定評のある国産車に乗る看護師のOさんは、「エンジンや風切り音が静かだと、仮眠の質が全然違うんです。ウトウト眠れるから、起きた時のスッキリ感が違いますよ」と心地よさそうに話してくれました。

ハードワークが常態化しがちな看護師こそ、通勤時のリラックスが何より大切。

疲れを癒す乗り心地のよさを備えた一台を選ぶのが賢明だといえます。

乗り心地のよさは、仕事の効率アップにもつながるはずです。

車内空間の使い勝手

3つ目のチェックポイントは、車内空間の使い勝手のよさ。

ナースシューズや予備のユニフォーム、お弁当など、毎日の通勤で持ち物が多くなりがちな看護師

だからこそ、収納スペースが充実した車内空間が求められます。

車内の使い勝手を左右するのは、主に以下の点です。

  • シートアレンジのバリエーション
  • 便利な小物入れの充実度
  • 後部座席の広さと使い勝手

スペースを有効活用できる、ゆとりある室内設計が理想的だといえるでしょう。

例えば、看護師のPさんは「ワンタッチでシートアレンジできるのが便利ですね。ユニフォームやシューズ、お弁当を積み込む時に重宝しています。おかげで車内を有効活用できるようになりました」と使い勝手に太鼓判。

「シートのサイドポケットやドアポケットなど、小物入れが充実しているのが気に入っています。カギや小銭、ハンドクリームなどをサッと取り出せて便利。ナースコールみたいに、すぐ手が届くところに置いておけるんです」と語るのは看護師歴3年のQさんです。

同僚を乗せて通勤している看護師のRさんは「後部座席の広さが決め手でした。

みんなでゆったりくつろげるスペースがあると、会話も弾んで楽しいんですよね。

シフトが合う時はカープールするのが恒例になっています」とニッコリ。

荷物が多くなりがちな看護師なら、シートアレンジの自在さと収納力の高さは、愛車選びの重要チェック項目

ストレスなく積み降ろしできて、ムダなく収納できる使い勝手のよさを備えた一台を選びたいものです。

シフト勤務の看護師に最適な車とは?

不規則な勤務シフトをこなす看護師にとって、通勤時の車内環境は仕事の効率を大きく左右します。

特に「運転のしやすさ」「疲労軽減」「ストレスフリーな移動」の3点が、看護師に最適な愛車の条件だといえるでしょう。

それでは、シフト勤務の看護師に最適な車の特徴を詳しく見ていきましょう。

コンパクトで運転しやすい

看護師にうってつけなのが、運転しやすいコンパクトカーです。

全長4m以下のボディサイズなら、小柄な女性でも運転しやすいサイズ感

取り回しもよく、狭い病院駐車場でもスムーズに駐車できます。

コンパクトカーのメリットは、主に以下の点。

  • 小回りが利くので取り回しがラク
  • 狭い道でもストレスなく走れる
  • 燃費性能に優れコストパフォーマンスも良好

運転に不安のある看護師も、コンパクトカーなら安心して乗りこなせるでしょう。

実際、看護師のSさんは「運転は苦手だったんですが、コンパクトカーに変えてから克服できました。ハンドルが軽くて小回りが利くから、女性でも扱いやすいんです。おかげで通勤ストレスから開放されましたよ」と満足げ。

「狭い病院の駐車場でも難なく駐車できるのが魅力。前の車は大きくて苦労していたんですが、コンパクトカーなら楽々です。運転が苦にならなくなったおかげで、仕事の効率もアップしたかも」と話すのは、看護師歴5年のTさん。

看護学生のUさんは「田舎の実家から病院まで山道を通っているんですが、コンパクトカーのおかげでスイスイ走破できるようになりました。燃費もいいから、ガソリン代の心配もいらなくなったし、本当に買ってよかったです」とニッコリ。

運転に不安のある看護師なら、取り回しのいいコンパクトカーは強い味方になってくれるはず

小回りの利く運転しやすさと、優れた燃費性能のダブルメリットを備えた頼もしい一台が、きっとあなたの通勤をサポートしてくれるでしょう。

疲れにくいシート性能

シフト勤務で疲弊しがちな看護師に欠かせないのが、疲れにくいシートを備えた一台です。

腰や背中をしっかりサポートする座り心地のよさは、仮眠の質を高めるだけでなく、運転疲労の軽減にもつながります。

長時間のドライブでも疲れにくいシートなら、心身のリフレッシュが期待できるでしょう。

疲れにくいシートに求められる条件は、主に以下の通り。

  • 腰や背中に程よくフィットする形状
  • 体圧を分散する低反発クッション
  • 幅広い調整機能とホールド感

体型に合わせてシートをカスタマイズできるのも魅力的です。

看護師のVさんは「以前は長時間の運転で腰痛に悩まされていたんですが、低反発シートのクルマに変えてから解消されたんです。おかげで仮眠の質も上がって、疲労回復がぐんと早くなった気がします」とコメント。

「シートの角度や高さを細かく調整できるのが気に入っています。自分の体型に合わせてベストポジションを見つけられるから、運転疲れを感じにくいんですよね」と語るのは、看護師歴10年のWさん。

ハードな勤務シフトをこなす看護師なら、疲れにくいシートが備わったクルマを選ぶのが得策

仮眠の質が上がれば、仕事の効率アップにもつながるはずです。

あなたの体をサポートしてくれる、まさに看護師仕様の座り心地のよさを備えた一台を見つけてくださいね。

小回りの利く取り回し

看護師の強い味方になるのが、小回りの利く運転しやすい一台です。

全長4m以下のコンパクトボディなら、狭い道や混雑する街中でもストレスなく走れるのが魅力。

小刻みなシフトチェンジや幅寄せなども、難なくこなせるはずです。

小回りの利く車選びで重視したいのは、主に以下の点。

  • 最小回転半径が小さい
  • 軽い力でスムーズにハンドルが切れる
  • 視界が広くて周囲が見渡しやすい

取り回しのよさは、通勤時の安全運転にも直結します。

「病院の駐車場が狭くて、車庫入れに難儀していたんです。でも小回りの利くコンパクトカーに変えてから楽々。車体サイズがコンパクトだと、運転のストレスが激減しますよ」と話すのは、看護師のYさん。

「ハンドルが軽くてクイクイ切れるのがいいですね。方向転換もスムーズだし、急な飛び出しにも素早く反応できるから心強い。安全運転に役立っています」とコメントしてくれたのは、看護師歴3年のZさん。

看護学生のAさんは、「ボンネットが低くて視界が広いのがお気に入り。自転車も歩行者もよく見えるから、危険の察知がしやすいんです。運転が不安だった私も安心して通学できるようになりました」と笑顔で話してくれました。

看護師なら、取り回しのよさと安全性の高さ、両方を兼ね備えた車選びがおすすめです。

優れた小回り性能は、通勤ストレスの解消だけでなく、ヒヤリハットの回避にも一役買ってくれるはず。

信頼できる相棒とともに、安全運転で看護師ライフを謳歌しましょう。

看護師が重宝する車の装備トップ3

看護師ならではのニーズを満たす装備が充実した車なら、通勤ラッシュのイライラ解消や仮眠の質向上につながります。

特に「広い荷室スペース」「シートヒーター機能」「バックカメラ」の3点は、看護師が重宝する装備の代表格。

あなたの愛車選びの指標にしてみてはいかがでしょうか。

それでは、看護師に人気の車の装備トップ3を、詳しく見ていきましょう。

広い荷室スペース

看護師が重宝するカーアイテムの1つ目が、広い荷室スペースです。

ユニフォームに着替え、お弁当にナースシューズ、予備の小物など、看護師は毎日の通勤で大量の荷物を運ぶ必要があります。

だからこそ、たっぷり収納できる荷室の広さは、車選びの重要ポイントになります。

荷室の使い勝手を左右するのは、主に以下の点。

  • 容量が400リットル以上ある
  • 奥行きと高さのバランスがよい
  • フロアが平坦で出し入れしやすい

シートアレンジ次第で、さらに活用の幅が広がるのも嬉しいポイントです。

「毎日の荷物が多いので、トランクの広さにはこだわりました。400リットル以上あれば1週間分の着替えもお弁当も楽々収納できるんです。おかげで助手席を荷物置き場にしなくて済むようになりました」と喜ぶのは、看護師のBさん。

「トランクの奥行きがしっかりあるのがいいですね。ゴルフバッグも横向きに積めるくらい深いから、ナースグッズもスッキリ整理できるんです。おかげで私の"移動更衣室"が快適になりました」と話すのは、看護師歴7年のCさん。

看護学生のDさんは、「実習で使う教科書やファイルの量が半端なくて…。でも荷室が広いおかげで、ラクラク運べるんです。後部座席を倒せば、さらに大きな荷物も積めるし、使い勝手バツグンですよ」と太鼓判を押します。

荷物が多くなりがちな看護師なら、広くて使い勝手のいい荷室は、毎日の通勤を支える心強い味方

ストレスなく積み降ろしできて、スムーズに出し入れできる利便性は、ワンランク上の快適カーライフを約束してくれるはずです。

シートヒーター機能

寒い冬の通勤や仮眠時に重宝するのが、シートヒーター機能です。

エアコンだけでは温まりづらい足元まで、シートから直接ポカポカと暖めてくれるのが魅力。

寒空の下、冷え切った車内でも快適に過ごせるでしょう。

シートヒーターに求められるのは、主に以下のような性能。

  • 素早く温まるスピード調節機能
  • 温度ムラのない座面全体の発熱
  • 運転中も操作しやすいスイッチ

パワフルな温熱効果は、仮眠の質を高めてくれるはずです。

「冬場の夜勤明けは、車に乗った瞬間からガタガタ震えていたんですが、シートヒーターのおかげで即効ポカポカに。おかげで眠りの質が大幅にアップしましたよ」と喜ぶのは、看護師のEさん。

「腰痛持ちの私には、シートヒーターは手放せません。じんわり温められるから、筋肉の緊張がほぐれていくのを実感できるんです。運転中のコリ防止にもなって一石二鳥ですね」と話すのは、看護師歴10年のFさん。

看護学生のGさんは、「実習で疲れた体を癒やしてくれるのがシートヒーター。特に真冬は車内が冷え切っているから、温かいシートに包まれるのが至福のひととき。ついウトウトしちゃうくらい気持ちいいんですよね」とニッコリ。

シフト勤務で疲弊しがちな看護師なら、ぜひシートヒーターを味方につけておきたいところ。

心地よい温熱効果は、仮眠の質を高めるだけでなく、ハードな夜勤シフト後の疲労回復にもきっと一役買ってくれるはず。

バックカメラ

駐車時の強い味方になるのが、バックカメラ機能です。

車庫入れが苦手な人でも、車体後方の様子がモニターで確認できるから、ラクラク駐車できるのが最大の魅力。

狭い病院駐車場での出し入れも、グッと安全かつスムーズに。

バックカメラに求められるのは、主に以下のような性能。

  • 夜間や雨天時でも見やすい鮮明な映像
  • リアビューだけでなくサイドビューも映し出す
  • ステアリング操作に連動したガイドライン表示

死角をカバーできる多彩なアングルで、駐車時の安心感がアップします。

実際、看護師のHさんは「運転は得意な方ではないので、バックカメラには本当に助けられています。後ろの視界がクリアに見えるから、車庫入れのストレスが激減。おかげで通勤が楽しくなりました」と喜びを語ります。

「病院の駐車場が狭くて、車庫入れに難儀していたんです。でもバックカメラ付きの車に変えてから、ラクラクに。ガイドライン頼りにハンドルを切れば、スイスイ決まるようになって感動ものですよ」と太鼓判を押すのは、看護師歴5年のIさん。

「夜勤明けで疲れている時は、駐車するのも一苦労。でもバックカメラのおかげで、ストレスなく停められるんです。車庫入れ難民だった私も、今では現場の駐車名人ですよ」と話すのは、看護学生のJさんです。

看護師なら、バックカメラ付きの車選びは間違いなしです

駐車時のイライラ解消は、通勤の質を大きく変えてくれるはず。

「車庫入れが苦手」というストレスから開放されれば、もっと快適な毎日を過ごせるに違いありません。

看護師が愛車に求める装備といえば、「広い荷室」「シートヒーター」「バックカメラ」の3点が特に重要。

通勤や仮眠時の快適さを左右する、まさに看護師目線の使い勝手のよさこそが、選ぶべき装備の基準になりそうです。

ハードな勤務シフトの疲れを癒し、イライラを解消してくれる工夫が詰まった一台。

そんな最高の相棒とともに、キラキラ輝く看護師ライフを送ってくださいね。車選びのヒントになれば幸いです!

まとめ 看護師に選ばれる人気国産車と選び方のコツ

今回は、看護師に人気の車種とおすすめの選び方について紹介しました。

ポイント

  • 看護師に選ばれる人気国産車3選
  • 看護師の車選び基準3つ
  • 看護師が重宝する車の装備トップ3

看護師は燃費の良さや乗り心地、車内空間の使い勝手を重視する傾向があります。

シフト勤務に適したコンパクトで運転しやすい車が人気です。

また、広い荷室スペースやシートヒーター、バックカメラなどの装備があると、仕事の疲れを癒やすドライブがより快適になるでしょう。

ナースに人気の車って燃費がいいコンパクトカーが多いよね

看護師の愛車選びは利便性と快適性のバランスが大切。

通勤時間を有意義に過ごせる1台を見つけて、リフレッシュできるドライブを楽しんでいきましょう。

-生活お役立ち

お問合せはこちら