当ページのリンクには広告が含まれております。

看護師必見!海外旅行を120%楽しむコツと押さえるべきポイント

看護師って忙しくて海外旅行なんて無理だと思ってた。

でも、みんなどうやって旅行を楽しんでるんだろう?

看護師は長期休暇が取りやすいし、リフレッシュと視野を広げるために旅行は大切よね。

でも、急な呼び出しや体調管理が不安で、海外旅行に踏み出せないかもしれません。

そこで、今回は看護師に人気の海外旅行先と、旅行を満喫するコツについて紹介します!

ポイント

  • 看護師に人気の旅行先
  • 看護師が旅行に行く理由
  • 海外旅行を楽しむコツ

看護師にとって、海外旅行はリフレッシュと視野を広げるまたとないチャンス。

特にハワイ、台湾、ヨーロッパは、看護師に人気の渡航先として知られています。

それでは、看護師に人気の海外旅行先を、その魅力とともに詳しく見ていきましょう。

ハワイ(リゾート気分を味わえる)

看護師に人気の海外旅行先と言えば、ハワイは外せません。

一年中温暖な気候と美しいビーチ、豊かな自然が魅力の楽園リゾート。

ホスピタリティ溢れる雰囲気の中でリラックスできるのが、看護師に選ばれる理由です。

看護師がハワイ旅行を愛する理由は、主に以下の3点。

  • 非日常のリゾート気分を満喫できる
  • 海の幸を楽しめるグルメの宝庫
  • 英語が通じるから初心者でも安心

癒しの時間を過ごせるのが、最大の魅力だといえるでしょう。

実際、看護師のAさんは「ハワイの青い海と空に癒されっぱなしでした。ビーチでゆったり読書したり、のんびり散歩したり。日頃の疲れが吹っ飛ぶくらいリラックスできましたよ」とご機嫌です。

「ハワイといえばやっぱりグルメ!新鮮なまぐろの漬け丼やロミロミサーモンなど、海の幸を堪能できるのが最高。おいしい食事に元気をもらえました」と絶賛するのは、看護師歴5年のBさん。

「英語が苦手でも、ハワイなら看護師仲間とでも問題なく旅行できるんですよね。ゆっくりしゃべってもらえば何とか通じるし、みんな優しいから勇気を出して話しかけられました」と語るのは看護師のCさんです。

ストレスフルな仕事をこなす看護師なら、ハワイのビーチリゾートで心身をリフレッシュするのがおすすめ

日本から飛行機で約6時間という手軽さも、人気の理由の1つなのかもしれません。

台湾(グルメと優しい人柄が魅力)

看護師に人気急上昇中の海外旅行先が、台湾です。

リーズナブルに本格グルメを味わえるのが最大の魅力。

人懐っこい国民性にも癒されると、看護師から好評を博しています。

台湾旅行が看護師に人気の理由は、主に以下の3点。

  • 夜市など屋台グルメを堪能できる
  • 日本語が通じるから言葉の壁が低い
  • 人情味あふれる親日国民が多い

コスパ良く旅が楽しめるのが、台湾の強みだといえるでしょう。

「屋台グルメのクオリティの高さに驚きました!小籠包に牛肉麺、マンゴーかき氷など、どれも本当においしくて。看護師の給料でも満足にご馳走になれるのが嬉しいですね」と絶賛するのは、看護師のDさん。

「日本語があちこちで通じるから、言葉の心配はゼロ。道に迷っても、お店の注文でも、現地の方が優しく対応してくれるので、ストレスなく過ごせました」と語るのは看護師歴3年のEさん。

「台湾の方の親切さには感動!タクシーの運転手さんが、わざわざおすすめのグルメスポットに連れて行ってくれたんです。あの心温まるおもてなしは、一生の思い出ですね」と微笑むのは、看護師のFさん。

プライベートを充実させたい看護師なら、週末の弾丸ツアーにもおすすめなのが台湾旅行

アクセスのよさと庶民的な物価、フレンドリーな現地の人柄に触れて、きっと元気をチャージできるはず。

ヨーロッパ(歴史と文化を肌で感じられる)

歴史ロマンを求める看護師に根強い人気なのが、ヨーロッパ旅行です。

街角に漂う異国情緒と芸術的な雰囲気、豊かな食文化など、五感で歴史を体感できるのが最大の魅力。

看護師も心躍る体験の連続だといいます。

ヨーロッパが看護師に選ばれる理由は、主に以下の3点。

  • 一生に一度は訪れたい憧れの地
  • 世界遺産など美しい景観に感動できる
  • 多様な文化・言語に触れられる

看護師人生の節目に選ばれるのも、ヨーロッパ旅行ならではの特徴かもしれません。

看護師のGさんは「パリ、ロンドン、ローマ、ウィーン…どの街も素敵すぎて感動の嵐!特にルーブル美術館は鳥肌が立つほど圧巻でした。一生忘れられない思い出になりましたよ」と目を輝かせます。

「地中海クルーズを満喫!エメラルドグリーンの海と世界遺産の街並みに、うっとりが止まりませんでした。ただただ美しくて、夢のような時間が過ごせましたよ」と語るのは、看護師歴10年のHさん。

「ヨーロッパは言葉も文化も全然違うのに、どこに行っても人々の温かさは同じ。看護師をしていると、人と人とのつながりの大切さを実感します。旅を通して、あらためてその思いを強くしました」と微笑むのは、看護師のIさん。

人生の転機に刺激を求める看護師なら、一生モノの感動体験ができるヨーロッパ旅行がおすすめ

非日常のロマンに浸れば、きっと新しい世界が開けるはずです。

看護師人生のターニングポイントに訪れる価値は十分にありそうです。

看護師が海外旅行に行きやすい理由

充実した休暇制度や高いストレス耐性など、看護師は海外旅行に行きやすい職種だと言えます。

ワーケーションを取り入れる病院も増えてきており、働きながら海外を満喫するチャンスも広がっています。

それでは、看護師が海外旅行に行きやすい理由を、詳しく見ていきましょう。

長期休暇が取得しやすい

看護師は、大型連休を取得しやすい職種だと言えます。

夏休みやゴールデンウィークなど、1週間以上の長期休暇を取れる環境が整っている病院も多数。

計画的に休みを確保すれば、のんびり海外旅行を楽しめるでしょう。

看護師の長期休暇取得を後押しするのは、主に以下のような事情です。

  • 手厚い有給休暇制度が整備されている
  • シフト制勤務でまとまった休みが取りやすい
  • 産休・育休など長期休業制度が充実

特に大きな病院や福利厚生に力を入れている職場なら、休暇を取得しやすい環境が整っているはずです。

実際、看護師のJさんは「1年に1回は10連休以上を取得して、海外旅行に行くのが恒例になっています。有給消化を後押ししてくれる職場環境のおかげですね」とニッコリ。

「シフト制のおかげで、平日にまとまった休みが取れるのはメリット。人が少ない時期を狙って海外旅行に行けば、割安で上質な時間が過ごせますよ」と話すのは、看護師歴7年のKさん。

育休から復帰したばかりの看護師Lさんは、「産後の1年間は海外旅行どころではありませんでしたが、職場の理解のおかげでリフレッシュ休暇を取ることができました。ベビーシッターを頼んでハワイ旅行に行けたのは、本当に幸せな時間でした」と目を細めます。

看護師という仕事柄、一定期間の長期休暇を取得しやすい環境にあるのは間違いなさそうです。

職場の理解を得ながら、計画的に休みを確保すれば、ゆとりある海外旅行が実現できるかもしれません。

リフレッシュの必要性が高い

過酷な勤務でストレスも溜まりがちな看護師は、リフレッシュの必要性が高い職種だと言えます。

特に救急や ICU など高度な医療現場で働く看護師は、心身共に消耗しやすい状況に置かれています。

だからこそ、海外旅行などで非日常を満喫し、思い切り羽を伸ばすことが大切なのです。

看護師のリフレッシュ需要を後押しするのは、主に以下のような事情でしょう。

  • 夜勤や不規則なシフトでストレスが溜まる
  • 重症患者のケアなど精神的な負担が大きい
  • 感情労働のプレッシャーからリフレッシュが必要

質の高い看護を提供し続けるためにも、定期的な休養は欠かせません。

「毎日アラームで目が覚める生活に疲れ果てていたので、思い切ってハワイに1週間行ってきました。時差ボケを気にせずゆっくり過ごせたおかげで、すっかり元気が出ましたよ」と話すのは、ICU勤務の看護師Mさん。

救急外来で働く看護師Nさんは、「重症患者さんの対応が続くと、どうしてもメンタル面がすり減るんです。そんな時は、海外旅行でリセットするのが一番。現地の穏やかな空気に触れるだけで、心がほぐれていく感じがします」と微笑みます。

「デリケートな問題で悩む患者さんのカウンセリングを担当していると、知らず知らずのうちに疲弊していくんですよね。だからヨーロッパに行って、芸術に触れてインスピレーションを受けるんです。おかげで仕事にも新たな活力が湧いてきます」と目を輝かせるのは、看護師歴10年のOさん。

ストレスフルな現場で働く看護師だからこそ、海外旅行でリフレッシュする必要性は高いのかもしれません。

非日常の体験を通して、心身をリセットする時間を大切にする。

それが、看護の質を高めることにもつながるはずです。

広い視野を持つことが求められる

グローバル化が進む医療現場では、看護師にも広い視野を持つことが求められます。

多様な価値観や文化的背景を持つ患者に寄り添うには、幅広い教養と柔軟な感性が必要不可欠

その意味で、海外旅行での学びは看護師の成長に直結するのです。

看護師が海外経験を積むメリットは、主に以下のような点が挙げられます。

  • グローバルなコミュニケーション力が身につく
  • 多様性を尊重する姿勢が養われる
  • 専門性を高めるヒントが得られる

視野を広げることは、看護の可能性を切り拓くことにもつながるでしょう。

看護学生のPさんは、「将来は国際医療団体で働きたいと思っているので、学生時代から海外旅行を大切にしています。現地の医療事情を知るだけでなく、コミュニケーション力を磨く機会にもなりますからね」と力を込めます。

「ターミナルケアの最前線となるアメリカの病院を見学する機会があり、とても勉強になりました。日本の緩和ケアにも応用できるヒントを数多く得られたんです」と話すのは、がん専門病棟の看護師長Qさん。

看護師のRさんは、「イスラム教徒の患者さんの対応で悩んだ時、たまたまトルコ旅行をしていたんです。現地のモスクを見学して異文化への理解を深められたおかげで、その後の看護もスムーズに進められるようになりました」と微笑みます。

時代のニーズに応える看護師であるためにも、海外経験を通して感性を磨くことは大切だと言えそうです。

旅を通して得た学びを看護に活かす。

それこそが、グローバル時代のプロフェッショナルとして求められる资質なのかもしれません。

初めて海外旅行に行く看護師が知っておくべきこと

看護師として初めて海外旅行に挑戦する人も多いのではないでしょうか。

医療者ならではの視点を生かしつつ、しっかりと下調べをしておくことが大切です。

それでは、初めて海外旅行に行く看護師が知っておくべきポイントを見ていきましょう。

計画的に休みを取る

看護師が初めての海外旅行を成功させるには、計画的に休暇を取ることが何より重要です。

シフト制勤務の特性上、早め早めに休みの調整をしておくことが肝心

希望の日程でスムーズに休暇を取れるよう、余裕を持って動き出しましょう。

休暇取得に向けた具体的なアクションとしては、以下のようなものが考えられます。

  • 休暇希望日の3ヶ月前には上司に相談する
  • 同僚と協力してシフトの交代を調整する
  • 休暇中の業務フォロー体制を整えておく

職場の理解と協力を得ることで、休暇取得への道が拓けるはずです。

看護師のSさんは、「初めての海外旅行の時は、休みの調整が大変でした。でも6ヶ月前から師長に相談して、少しずつ同僚にもフォローを依頼したおかげで、なんとか1週間の休暇を取ることができたんです」と振り返ります。

「私の職場では有給休暇の計画表を作成しているので、そこに早めに希望日を書き込んでおくことが大切。シフト表が出来上がってからだと調整が難しくなるので、先手先手で動くのがコツですね」とアドバイスするのは、看護師歴5年のTさん。

休暇中の引き継ぎ業務について、看護師のUさんは「自分の受け持ち患者さんの情報は、同僚にしっかりと申し送りしておきました。何かあった時の連絡先も伝えて、現場に穴を開けないよう気を配りましたね」と話してくれました。

海外旅行を楽しむなら、計画的な休暇取得は絶対に欠かせません

思い立ったが吉日ではなく、準備期間を十分に取ること。

それが、医療者としての責任を果たしつつ、リフレッシュするための大前提だといえるでしょう。

現地の医療事情を調べる

初めての海外旅行では、訪問先の医療事情について調べておくことも重要です。

体調を崩した時の対処法を知っておくのはもちろん、日本の医療水準との違いを把握しておくことも大切。

いざという時に慌てないよう、リサーチを怠らないようにしましょう。

現地の医療事情を調べる際のポイントは、以下のような点が挙げられます。

  • 病院や薬局の場所と営業時間
  • 現地語と英語の通じ具合
  • 旅行保険の適用範囲と現地サポート体制

有事の際も的確に動けるよう、情報収集を進めておくことが肝要です。

例えば、看護師のVさんは初めてのヨーロッパ旅行で、現地の医療事情をしっかりリサーチしたそうです。「英語が通じない国もあると聞いて、旅行前に頻出の医療用語を調べておきました。おかげで現地の薬局でも、症状を説明してサプリメントを買えましたよ」と振り返ります。

「東南アジアに行った時は、病院の衛生環境が日本とは大分違うのを実感しました。旅行保険の手厚いサポート体制を確認しておいたので、体調を崩した時も安心して治療を受けられましたけどね」と話すのは、看護師歴3年目のWさん。

看護師のXさんは、「先進国と途上国では医療水準に大きな開きがあるので、時差ぼけ対策をしっかりしておきました。現地の薬局で寝付きを良くするサプリを探したのですが、アドバイス通り自己判断で服用しないよう注意しましたよ」と明かしてくれました。

看護師だからこそ、現地の医療事情のリサーチは念入りに

渡航前の下調べを怠らず、有事に備えておくことが大切です。

安全第一の姿勢は、医療者としての矜持でもあるのかもしれません。

楽しみつつ体調管理を怠らない

せっかくの海外旅行を目一杯楽しむなら、体調管理も怠らないことが大切です。

看護師としての知識を生かしつつ、無理のない旅程を心がけることが何より重要。

初めての海外なら、少し控えめなプランニングも賢明かもしれません。

体調管理のポイントとしては、以下のような点が挙げられるでしょう。

  • 現地の気候風土に合わせた服装選び
  • 旅行前からの体力づくりと十分な睡眠
  • 水分補給と衛生管理の徹底

看護の知識を旅先でも実践すれば、体調不良のリスクを最小限に抑えられるはずです。

看護師のYさんは初めての南国リゾートで、「現地は連日30度超えの猛暑だったので、脱水対策が欠かせませんでした。看護師としての知識を生かして、こまめな水分補給を心がけたおかげで熱中症は回避できたんです」と胸を張ります。

「海外旅行は慣れない環境での活動が多いから、体力勝負な部分もありますよね。旅行前から軽めのジョギングを始めたおかげで、連日の街歩きもへっちゃらでした」と話すのは、手術室勤務の看護師Zさん。

「旅先でおなかを壊すのは御法度ですからね。看護の知識を活かして、怪しい屋台は避けて衛生的なレストランを選ぶようにしています。おかげで今のところ無事故です」と笑顔を見せるのは、看護師歴10年のAAさんです。

折角の海外旅行だからこそ、看護師としての知識を存分に生かして体調管理したいものです。

健康的に過ごすことは、旅の満足度を高めるだけでなく、帰国後の仕事にもプラスの影響を与えるはず。

賢明な医療者であると同時に、楽しむことを忘れない旅人であることが大切なのかもしれません。

看護師が海外旅行に行きやすい働き方

看護師という職業柄、休暇の調整が難しいと思う人も多いかもしれません。

でも工夫次第では、海外旅行に行きやすい働き方だってできるはず。

ここでは、看護師が旅行を楽しむためのヒントをご紹介します。

それでは、看護師が海外旅行に行きやすい働き方のポイントを見ていきましょう。

夜勤や連休を活用する

看護師が海外旅行に行く際は、夜勤明けや連休を戦略的に活用するのがおすすめです。

夜勤明けなら休みが取りやすいですし、大型連休と組み合わせればまとまった日数の休暇が実現

計画的にスケジュール調整すれば、より充実した旅行が楽しめるはずです。

夜勤や連休を活用する際のポイントは、主に以下の通り。

  • 夜勤明けの休みと平日休みを組み合わせる
  • 大型連休の前後に有給休暇を取得する
  • 日頃から良好な職場の人間関係づくりを心がける

同僚との協力体制があれば、休暇の調整もスムーズに進められるでしょう。

看護師のABさんは、「夜勤明けの休みをうまく活用して、4連休で台湾旅行に行ってきました。飛行時間が短いから、移動だけで1日潰れるということもなくて効率的でしたよ」と満足げ。

「私は毎年GWとお盆休みの間に有給を取得して、10日間くらいの海外旅行を楽しんでいます。休みが取りやすい時期なので、職場の同僚にも迷惑をかけずに済むんですよね」と話すのは、看護師歴5年のACさん。

看護師のADさんは、「うちの病棟は助け合いの精神が徹底していて、お互いの休暇をカバーし合うのが当たり前になっています。おかげで比較的自由に休みを取れるから、旅行へ行く回数も増えましたね」と明かします。

たとえ多忙な勤務シフトでも、夜勤明けや連休を有効活用すれば、海外旅行のチャンスが広がります

上手に休みを組み合わせて、看護師ライフに新たな彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

有給休暇を計画的に取る

ゆとりある海外旅行を実現するなら、有給休暇の計画的な取得が欠かせません。

一度にまとまった日数を確保するのは難しいかもしれませんが、1年を通して計画的に有給を取得するクセをつけておくと良いでしょう。

休暇中も安心して現場を離れられる体制づくりを心がけることが大切です。

有給休暇を計画的に取得する際のコツは、主に以下の通り。

  • 年間の休暇取得目標を立てておく
  • 計画的に休みを取る意思を上司に伝える
  • 休暇の調整は半年以上前から始める

休暇取得をルーティン化することで、自然と旅行へ行きやすい環境が整うはずです。

看護師のAEさんは「私の職場では年休の取得率アップが推奨されているんです。おかげで"仕事だけの人生なんてもったいない"という意識が皆に浸透していて、海外旅行へ行く人が増えました」と目を細めます。

「今の職場に異動してきてから、計画的に休みを取るようになりました。"半年後に2週間の休暇を取得したい"と上司に宣言したら、快く受け入れてもらえたんです。働きやすい環境に恵まれて本当に感謝していますよ」と話すのは、看護師歴7年のAFさん。

看護師のAGさんは「子育て中でなかなか休みが取れない時期もありましたが、同僚の協力でリフレッシュ休暇をもらえました。1週間ほどバリ島でゆっくりできたおかげで、仕事にも新たなやる気が湧いてきましたよ」と感謝の思いを口にします。

働き方次第では、看護師でも有給休暇を計画的に取得して、充実した海外旅行へ行けるのです。

職場の理解を得ながら、休暇取得の目標を立てる。

そんな意識的な行動が、看護師ライフをより豊かにしてくれるはずです。

プライベートを大切にする職場を選ぶ

看護師が自由に海外旅行を楽しむなら、ワークライフバランスを大切にする職場選びも重要です。

プライベートの充実を後押ししてくれる勤務先なら、休暇を取得しやすい環境が整っているはず。

両立支援制度が充実している点なども、チェックしておきたいポイントだといえるでしょう。

ワークライフバランスに配慮した職場選びの際は、主に以下の点に注目すると良いでしょう。

  • 有給休暇の取得率が高い
  • 半年〜1年単位の長期休暇制度がある
  • ワーケーションなどの新しい働き方に理解がある

ワークライフバランスに前向きな職場なら、きっとあなたの海外旅行プランを応援してくれるはず。

看護師のAHさんは「今の職場の年休取得率は80%を超えているんです。

だから休暇を取って海外旅行に行くのもごく当たり前。

同僚と旅の話で盛り上がるのが、最近の楽しみになっています」と笑顔を見せます。

「うちの病院にはリフレッシュ休暇制度があって、勤続10年目には1ヶ月の特別休暇が取れるんです。ヨーロッパを巡る夢の旅行が実現できて、本当に感謝しています」と話すのは、看護師歴12年のAIさん。

看護師のAJさんは「私は秘境巡りが趣味なので、ワーケーションを推奨している職場を選びました。アマゾンの奥地に1ヶ月滞在しながら、オンラインで仕事ができた時は最高に充実していましたよ」と目を輝かせます。

せっかく看護師になるなら、ワークライフバランスを大切にしてくれる職場を選びたいものです。

充実したプライベートは、仕事のパフォーマンスアップにもつながるはず。

あなたの人生を豊かにしてくれる、理想の職場を見つけてくださいね。

看護師が海外旅行を存分に楽しむなら、働き方の工夫が何より大切。

夜勤明けや連休を組み合わせたり、有給休暇を計画的に取得したりするのがおすすめです。

プライベートの充実を後押ししてくれる職場選びも、旅行への第一歩になるはず。

忙しい毎日だからこそ、心に残る旅の思い出をたくさん作ってくださいね。

世界を舞台に羽ばたく、そんなグローバルな看護師像を目指すのもステキです。

あなたの「行きたい!」を後押しできる、最高の職場に出会えますように。

まとめ 看護師の海外旅行を最大限に楽しむコツと注意点

今回は、看護師の海外旅行の傾向と、旅を満喫するためのポイントについて紹介しました。

ポイント

  • 看護師に人気の海外旅行先3選
  • 看護師が海外旅行に行きやすい理由
  • 海外旅行に行く看護師が押さえるべきポイント

看護師はハワイやアジア、ヨーロッパなどに人気が集中。

リゾート気分を味わったり、グルメや異文化交流を楽しんだりと目的は様々です。

また、長期休暇が取りやすく視野を広げる必要性が高いことから、看護師は海外旅行へ行きやすい傾向にあります。

一方で現地の医療事情の確認と体調管理は怠らないようにしましょう。

ナースって海外旅行好きな人多いよね。私も行く前は不安だったけど、計画的に休み取って、現地の人と交流できて良い経験になったわ。

看護師の充実した海外旅行のカギは、休暇の活用方法と異国の地でも健康であること。

夜勤や連休を賢くコントロールし、ワークライフバランスを大切にする職場選びも重要です。

-生活お役立ち

お問合せはこちら